ユーザーファーストSEOは混沌としたネット社会からの原点回帰

SEO

SEO対策の功績

世界中の企業がSEOに長年の間取り組んできたこと、また某G社をはじめとする検索エンジンの、検索アルゴリズムの進化によって、近年ではインターネットで何か一つ知りたい単語を検索すれば、そのキーワードに関する解説のウェブサイトや、関連する商品を販売しているウェブサイトなどが、ほぼ検索したユーザーの求めているとおりに検索結果として表示されるようになってきています。
元をたどれば、SEO対策は、あるウェブサイトを運営している個人または団体が、自分の運営するウェブサイトが興味のあるユーザーの検索結果画面に、より的確に表示されるようにするための取り組みです。ですが、検索されたキーワードと結果として表示されるウェブサイトのニーズを一致させるための取り組みは、結果としてインターネット検索をより使いやすく、より便利なものへと進化させることになりました。
その影響を認め、某G社側は検索エンジンを発表した当初には認めていなかったSEO対策というアクションを、近年になってホワイトハットSEOに対する好意的な発表やアップデートというかたちで認めるようになっています。今後のアップデートによっては、キーワード検索はさらに便利になるかもしれません。

サイトでの位置づけとSEOの効果

無料で使用できる機能が多いSEOは、起業家たちを助ける存在になってくれます。サイトを訪問した人が良い印象でページを閉じることになれば、…

SEOで位置情報を考える際のポイント

SEOでは、位置情報を参考にしてコンテンツを考えることが大切です。特に、ローカルなサイトでは、位置情報がかなり重要な要素となります。と…

ローカルSEOのコツとは

SEOの中でも、特定の地域における検索結果に関することを、「ローカルSEO」と呼びます。これは、「地域+キーワード」など、地域を限定し…

SEO対策の功績

世界中の企業がSEOに長年の間取り組んできたこと、また某G社をはじめとする検索エンジンの、検索アルゴリズムの進化によって、近年ではイン…